2014年11月17日

納骨堂と散骨

今お墓の他の選択肢として納骨堂の他に散骨という手段も出てきていますよね。
海や、山やなどに粉砕したお骨を撒いてくるというもの。


海洋散骨
砕骨代、クルーザー代、散骨証明書、セレモニー込みで
160000~300000が相場。
墓買うこと考えると安上がりでいいな。


安くてそのくらいだね
でも、多くは50万くらいかかってる
50万あればお墓買えるじゃん
墓所だけ買って、墓石建てなきゃ20万でもお墓持てるよ
木の墓標とか拾ってきた石とか思い出の品なんかを置いとけば十分追悼できる
故人を偲びたいならお墓がいいよ
公営墓地なら年間わずかのお金だけ

撒骨は身寄りがないとか、ほんとの世捨て人以外はやらない方がいい
知人や親せき、多くの遺族が骨が無くなることで寂しい思いをしてる
後になって後悔してる人も多いし
死んじゃう本人はいいんだけど、残された人には気持ちを向けるものが必要です
まだまだ普通の日本人は骨にこだわりがあるからね



確かに散骨というのはかなり安あがりなようです。
でもやっぱりふとした時に故人に会える場所、声をかけられる場所って欲しくなるものですよね。

お墓は高い。散骨は安いけど、どこに会いに行けばいいかわからなくなる。
やっぱり間を取る意味でも納骨堂はとてもいい選択肢じゃないでしょうか。
posted by ワイキキゴーゴー at 09:17| Comment(0) | 龍生院 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。